【型抜き無し】包丁だけで人参の飾り切り「ねじり梅」を作ってみた!

グルメ・旅行

包丁で作る、にんじんの飾り切り「ねじり梅」の切り方です。
お吸い物やお鍋、おせち料理にもぴったり!華やかな飾りきりのねじり梅は見た目も可愛い!子供も喜びそう!

動画では先生がお手本で作って、後半では、ねじり梅初心者の私も挑戦してみました!
初めてやったので難しかったですが、梅の形にできました!

【切り方解説】
人参を5ミリほどの厚さに切り、皮を剥きます。
5箇所に切り込みを入れます。この切り込みが花びらの大きさを決めるので、バランスを考えて等間隔に入れるようにしましょう。

切り込みと切り込みのちょうど真ん中あたりに包丁を入れ、切り込みに向かって丸く切ります。
りんごの皮を剥くような感じです。
反対側も同じように切ります。これで花びらの形を作ります。

5枚花びらを作ったら、中心に向かって切り込みを入れます。
外側は深く、中心部分は浅く入れるのがポイントです。

花びらの中央から切り込みに向かって削ります。花びらが立体的に見えるようにするためです。

より花びらを綺麗に仕上げるために角を削って落としていきます。
丸みを帯びて、可愛らしい梅になりますよ!

包丁では難しい、もっと早く完成させたいという方にはクッキーなどの抜き型を使う型抜きがおすすめです。
人参を型抜きし、後から形を整えると時短にもなって、しかも仕上がりもきれいです!