ハロウィンの意味は?なぜ仮装する?子供でも分かりやすい由来・歴史・起源について

雑学

毎年10月31日に行われるハロウィン。
ハロウィンの由来は、諸説ありますが古代のケルト人から起こったとされています。
元々は秋の収穫をお祝いし、悪霊を追い払う宗教的な行事でした。誤解されがちですが、元々はキリスト教のお祭りではありません。

現代では、形をかえて民間の行事として定着しつつありますね。

日本も例外ではありません。

ケルト人の1年の終わりが10月31日とされており、この日は夏の終わりの日でもあります。
日本のお盆と同じ様に、31日の夜に死者の霊が家族を訪ねてくると考えられていました。
また、同じ時に悪霊や魔女が出てくるとも言われており、身を守る為に仮面を付けて守りの火を焚いていたのが、仮装の始まりと言われています。

因みにこの火を焚くという行為は、くり抜いたカブを使用していました。
これがジャックオーランタンの起源です。

現在のカボチャを使用した形になったのは、アメリカ大陸が発見された後だとされています。

でもなぜ仮装する事で身を守れるのかと言いますと、悪霊や魔女に仲間と思わせて身を守るという意味や、逆に驚かせて追い返してやろうなどと言った意味が込められ、仮面をつけて魔物をマネをする事が理由です。

ハロウィンの仮装については、諸説あります。

ですが、1番は宗教的な意味あいで魔除けをする事から始まったのがわかりますね。
それが仮面から全身仮装に変化していき、私達も良く知るハロウィンの形となりました。

私達が良く知るハロウィンは、アメリカ式のものです。
これはアイルランドやスコットランドの移民が大量にアメリカに来た事で、定着したそうです。

元々カトリックの教会などから批判されていましたが、徐々にアメリカに受け入れらて、アメリカ式のハロウィンが生まれ今日までに形は少し変わってしまいましたが、馴染みの深い行事として定着したそうです。

日本で最初にハロウィンを始めたのは、東京ディズニーリゾートとされており、そこから各地でハロウィンのイベントが催されたこともあり、広まったといいます。
また、そこから製菓会社が続々と参入し、SNSとの相乗効果もあいまって莫大な市場となりました。
日本のコスプレ文化とも上手くマッチしたからこそ、ハロウィンの普及は早かったのです。

ハロウィンの歴史自体はとても古いもので、あまり多くは知られていません。
ハロウィンって仮装してお菓子を貰うイベントじゃないの?と勘違いされている方も、多いことでしょう。
今年のハロウィンはそんな歴史も合わせて仮装を楽しんではいかがでしょうか。

素敵なハロウィンの思い出を作って下さいね。