SNSでも話題!周りにいた!日傘をさす日傘男子が増えたって本当?

エンタメ

最近メディアでも話題になっているのが日傘男子。
日傘と言えば女性がさすイメージが強いのですが、昨今の猛暑続きの影響か日傘を手にする男子が増えました。
日傘をさす男子というのが今までいなかったことから、違和感を覚えている人も少なくありません。
日傘にはどんな効果が期待できるのか、そして日傘男子に対して世の中の女子はどのように思っているのでしょうか。

日傘をさすメリット

日傘をさすことで2つのメリットが得られると言われています。

まず1つ目が、紫外線対策ができること。
女子は紫外線予防として日焼け止めクリームを塗ったり、アームウォーマーなどを身につけ日頃から気をつけていますが、男子は紫外線対策をしている人の方が少ないと言えます。
紫外線を浴びてしまうとシミや老化の原因になってしまうのです。
UVカットされているものであれば紫外線を防ぐことができるので、心配事を減らすことが可能になります。

また、もう1つのメリットは熱中症対策に最適であること。
ここ近年酷暑と呼ばれる夏が繰り返されています。
毎年熱中症で病院に搬送される人が増え、日頃からの予防が大切だと言われています。
真夏の直射日光は体温を急激に上げて、一気に体内の水分が失われてしまいます。それによって熱中症になってしまうのです。
熱中症予防には水分と塩分の摂取が必要という認識は広まっているものの、直射日光を浴びないようにするということはあまり重視されていません。
しかし、予防するのであれば直射日光を浴びないということも熱中症予防には必要なことなのです。

帽子やタオルなどで直射日光を防いでいる人もいますが、それらがUVカットされていなければ紫外線予防には適していません。
しかし、日傘であればほとんどの商品がUVカットもされ、尚且つ直射日光に当たらずに済むので体温の急な上昇を防ぎます。
長時間外を歩かなくてはいけないサラリーマンなどにとっても、日傘がベストな熱中症予防とも言えます。

日傘男子の与える影響

実際に日傘を使用した日傘男子の感想は「常に日陰を作ることができる」というものがあるようです。
日傘をさすことで、日陰の中で過ごしている状態と変わらずに過ごすことができるので、体感温度が下がることを実感しているようです。
使用する前は、人目(特に女子からの目)を気にして使うことに躊躇いがあったようでしたが、一度使ってしまうと手放せなくなるという男子もいます。
SNSでは、そのような日傘男子が自分の体験を語っていることも少なくなく、日傘は女子だけのものではなく男子も使ってもいいのだという感覚が芽生え始めています。

多くの男子が「紫外線なんて気にしない」「熱中症になるのは根性がないだけだ」など偏った物の見方をしていた時代もありましたが、昨今では40度を超えるような地域も増え、そのようなことを言っている場合ではありません。
紫外線対策も熱中症予防も当たり前に行わなくてはいけないのです。
特に熱中症は、一歩間違えれば死に至ってしまう怖いものです。
熱中症になってから対策をするのではなく、ならないように予防することが大切です。

日傘をさすという概念が浸透していないのも事実であり、地域によっては日傘をさしているのは高齢者か美意識が高い女性だけなんて地域も珍しくありません。
しかし、日傘一つで防ぐことができることがあることを知ればより広まっていくでしょう。
雨の日に傘をさすように、真夏には日傘が当たり前の時代がくるかもしれません。
その一歩が日傘男子の登場と言えるのではないでしょうか。

日傘男子に対しての女子の意見

日傘をさしている男子について、女子はどのように感じているのでしょうか。
実は何も感じていないというのが本音ではないでしょうか。

男子だから日傘をさしてはいけないというルールはなく、熱中症予防として活用しているのであれば女性だろうが男性だろうが、性別は関係ありません。
女子はそれに対して「男らしくない」なんてことを言うことはないのです。

むしろ、そのようなことを言っているのは同性である男性であることが多く、今までなかったことを取り入れにくいのも男性の特徴と言わざるを得ません。
SNSで実際に利用している日傘男子の声をより多くの男性が見ることで、日傘をさすことに違和感を無くすことができれば、より拡散されていくでしょう。

女子にとって日傘というのは紫外線対策や熱中症予防に必要なアイテムになっているので、男性が日傘をさしても違和感はありません。
女性の目を気にして日傘をさすことを控えているのであれば、それは必要がない行為と言えるのです。

酷暑が続く夏をいかに快適に過ごすことができるのか、それを一番に考え日傘男子になることをおすすめします。
日傘を忘れた女子に対して相合傘をする日も来るかもしれません。

熱中症予防に日傘を取り入れよう

日傘男子が増えたことで、改めて日傘のメリットを考えるきっかけになったという人もいるのではないでしょうか。
日傘は、常に日陰の中を歩いている状態を作り出すことができますので、直射日光を浴びることがありません。
紫外線対策だけではなく、熱中症予防にも最適です。

最近では男性でも持ちやすい、男性向けのお洒落な日傘も増えていますし、素材やカラーバリエーションも豊富です。
お気に入りの一本を探して、夏を乗り切りましょう。