長江俊和著「禁止シリーズ」にハマって暑さをしのいでます 頭を使って睡眠効果??

エンタメ

最近ハマってしまった小説。
著者「長江俊和」の「禁止」シリーズ。知り合いからの「面白いよ!」という口コミからスタート。
あっという間の3冊読破!!

まず1冊目「出版禁止」

著者である長江俊和氏自身が、出版社で掲載禁止になった原稿を読んでいくという設定になっています。
もちろん小説ですから、実際にあった事件を題材にしているわけではありません。
でも読んでいるうちに、これはノンフィクションなのだ。
私自身が知らないだけで日本のどこかで、こんな事件が起こったのだと錯覚してしまいます。
1回サラッと読みました。
うん??私の想像はこれでいいのか?結局、こういう捉え方で間違いないよね?
頭の中は???ばかり…。
作中にいろいろなトリックやら伏線が仕掛けられていて、それに気づかないまま読むと、こうなってしまうのです。
で、確認のために2回目。
ああ、やっぱりね!安心したり、納得したり。
最後まで飽きない。読書を中断したくない。そんな傑作です。

2冊目「放送禁止」

こちらは、3作の短編集です。取材したものの何らかの事情により放送できなくなった..という設定。
「呪われた大家族」「ストーカー地獄編」「しじんの村」
伏線が張り巡らされた構成になっていますが、こちらは比較的分かり易いです。
やっぱりそうよね!読んだことのある知人と内容を確認しあうのも楽しい。
日常、起こりがちなテーマになっているため、ゾゾ~ッとする読後感ですね。
私は「呪われた大家族」がお気に入りです。

3冊目「掲載禁止」

こちらも短編集。
「原罪SHOW」「マンションサイコ」「杜の囚人」「斯くして、完全犯罪は遂行された」
「マンションサイコ」が一番おもしろかったかな。
やはり伏線がいっぱいです。見落としがちなところもいっぱい。
なので気を付けながら読み進めます。
最後に謎解きらしい仕上がりになっているので、この短編集が一番分かり易いかも。

あえてストーリーは書きません。
ぜひ読んでみたいと思う方に先入観を持ってほしくないので。

まだ読んでないのが「検索禁止」本屋でなかなか見つからないのです。
早く探さないとマイブームが去ってしまいそう(笑)

Amazonで見つけました!!早速購入です。
他の3冊もAmazonにありますね。興味のある方はリンクを貼っておきますので参考にして下さい。

検索禁止 (新潮新書)

新品価格
¥821から
(2018/7/23 17:18時点)

ミステリー小説が大好きですが、これらはサイコ調のミステリーになるのでしょうか。
「放送禁止」はドラマにもなったそうなのですが、生憎それらは見ていないので、機会があれば映像で見てみたいものです。
映像作家でもある著者が、どういう表現をしているのか興味深いですから。

出版禁止 (新潮文庫)

新品価格
¥360から
(2018/7/23 17:08時点)

放送禁止 (角川ホラー文庫)

新品価格
¥605から
(2018/7/23 17:15時点)

掲載禁止 (新潮文庫)

新品価格
¥594から
(2018/7/23 17:17時点)