仏事はわからないことがいっぱいの我が家に盆提灯 ご先祖様も迷わず帰省

ライフスタイル・健康

8月に入るとお盆休みが待ち遠しいですね。
今年は土日が入っているので例年より多い休暇になる人も多いと思います。
盆休暇なので旅行よりも里帰りをする人たちのほうが多いでしょうか。

お盆供養が中心になりますね。ということで我が家も盆提灯を購入。

住宅事情もあり仏壇の大きさに合わせた小振りサイズです。
提灯の場合、宗派はあまり関係ないのだとか。
仏壇だと同じ浄土真宗なのに「西本願寺」と「東本願寺」で全く装飾が違うのに不思議です。
今はインテリア風仏壇もあって、あまりこだわらなくなって来ているようですが。
 
この盆提灯ですが、厳密に言うと、いろいろな決まりごとがあるようです。
そもそも新盆を迎える家へは、親戚や故人と親しかった人が盆提灯を贈るのだとか…
新盆の家は、白提灯を玄関や部屋の窓に吊るして目印にします。
初めて帰ってくる故人の霊が迷わないようにという心使いですね。

う~ん、そういうの省略してしまいました。
とにかく盆提灯は揃ったので一応準備万端です。
お迎えする気持ちが大切なんですよね。

8月はお坊さんのお経を聴きながら、神聖な気持ちで故人を偲びます。