【飲み方・味・成分など】熱中症対策に知っておきたい!経口補水液の基礎知識

ライフスタイル・健康

毎日暑い日が続いていますね!連日、全国各地で猛暑日を記録し、ニュースでは毎日のように熱中症対策を呼びかけています。
こまめな水分補給や、冷房の利用、無理な外出は控えるなど予防方法もいろいろあります。
重度の熱中症患者が増えていることや、この猛暑続きの影響で、経口補水液を飲むことも熱中症対策の一つとして認知度が上がってきたような気がします。
名前は知っているけど他の飲み物と何が違うの?普通の水やスポーツドリンクを飲むより効果的?とその知識は曖昧な方も多いのでは。
今回は熱中症対策としてもぜひ知っておきたい、経口補水液についてわかりやすく解説します。

経口補水液とは?

経口補水液とは、軽度から中等度の脱水症状の時に飲むためのものです。電解質と糖分のバランスを考えて、食塩やブドウ糖や果糖が配合されています。
また、添加物としてクエン酸や塩化K、リン酸Naや塩化Mgなどが入っています。

以前、感染症が流行していた発展途上国で、水分と電解質を口から摂取する治療法である「経口補水療法」が注目されました。
そこから、脱水症の際に水分と電解質を補給する手段の1つとして、この方法が欧米から広がったと言われています。

なお、似たような飲み物としてスポーツドリンクを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、これは全く種類が違います。

スポーツドリンクは脱水時ではなく、日常的な発汗時に失われた電解質と水分を補うために飲む、清涼飲料です。
汗で失われた分を補うので、ナトリウムやマグネシウム、カリウムなどの電解質は汗に近い配合で入っています。
そのため、スポーツドリンクは、スポーツをした後や入浴後、室内が乾燥している時に飲むためのものとして考えられています。

経口補水液の味は?

経口補水液と一般的なスポーツドリンクの味を比べた場合、経口補水液の方が飲みにくいと感じる人もいます。それは、スポーツドリンクと経口補水液では塩分濃度が違うからです。
スポーツドリンクは、日常時に発汗をした際に迅速に、そしておいしく飲めるように糖分が配合されています。
それに対し、経口補水液は水分や塩分を吸収しやすいように、他の飲み物よりも電解質の濃度が高く、糖分の濃度が低く配合されています。

日常時に飲むスポーツドリンクと、脱水時に飲む経口補水液では目的が違います。そのため、味を良くすることより電解質などを吸収しやすくする工夫がされているのです。
ちなみに、経口補水液は日常時に飲むとしょっぱく感じる人もいますが、脱水時に飲むと飲みやすいこともあるようです。
それは、自分の体がより電解質を欲しているかで違ってくるんだとか。体調を計るおおよその目安にもなるかもしれませんね。

経口補水液を摂取するタイミングと飲み方は?

軽度から中等度の脱水時が、経口補水液を飲むタイミングです。しかし、軽度から中等度の脱水とは、どのような状態なのでしょう。

軽度の脱水とは、見た目では判断できない脱水症のことで、軽い嘔吐や下痢、微熱などの症状があります。体重の減少は、1%から2%です。
一方、中等度の脱水は、痰を自分で出せなかったり、血圧や血流が下がったりします。加えて、感染症や呼吸不全の他、腎不全や心不全などの症状も見られ、体重の減少は、3%から9%です。

また、過度な発汗による脱水の症状としては、血圧や血流が下がり、めまいやたちくらみが起こります。
この場合、そのまま放置すると、こむらがえりや筋肉痛になることも少なくありません。

例えば乳幼児の場合、体内の水分量は70%から80%と言われていますが、新陳代謝が活発に行われているので、いつの間にか大量の水分を失っていることがあります。
乳幼児は体温の調節が上手くできなかったり、発汗や腎臓の機能が完全には発達していなかったりするので、脱水を起こしやすいと言えます。
そのため、大人では軽症で済む感染症でも、乳幼児の場合は嘔吐や下痢を起こしやすいです。
この事から、嘔吐や下痢、発熱などがある場合は、脱水の可能性を考えましょう。
たくさん汗をかいた後や、ぐったりとしていたり、元気がなかったりする時は特に注意が必要です。

さらに、高齢者も気を付けた方が良いでしょう。
高齢者は体内の水分量が少なく、水分を貯め込みにくいので、普段より多く汗をかく程度でも脱水しやすいです。
そのため、水分をあまり摂らずにいると、食欲が低下して食べる量が減り、より脱水が進みます。
高齢者本人では脱水に気付きにくいこともあるので、周りの人が気を配ることが重要です。

高齢者の脱水のサインとしては、痰が絡んだような咳を繰り返し行うことが挙げられます。
これは、水分をほとんど摂取していないと、痰が絡みやすいからと言われています。
なおかつ、わきの下に汗をかいていない時もサインとなります。本来ならば、わきの下は湿っているのが一般的ですが、脱水していると脇が湿らなくなります。

その他にも、皮膚の状態で脱水を判断することもできます。
手の甲の皮膚をつまんで離すと、通常は皮膚がすぐに元に戻ります。
しかし、脱水しているとハンカチをつまんで離した時のように、なかなか元には戻りません。これを、ハンカチーフサインと言います。

経口補水液の飲み方としては、水で薄めたり他の飲み物に混ぜたりせずに、そのまま飲みましょう。
薄めたり混ぜたりすると、せっかくの糖分と電解質のバランスが崩れてしまい、体内に吸収される速さが変わってしまう場合があります。
甘くしたい場合は、成分の配合にあまり影響を与えない程度を心がけることが大切です。

温めてから飲んでも問題ありませんが、沸騰させたり、温めた後でしばらく放置したりしてはいけません。
逆に、凍らせる場合は、一口大の製氷皿に入れて凍らせたものを、一口で食べます。
そして、凍らせたものを溶かして飲む場合は半解凍ではなく、完全に溶かしてから飲まないと成分が均等ではありません。

脱水にならにように気を配り、工夫をすることが大事

大人でも脱水になりますが、特に乳幼児や高齢者は、自分が脱水症状になっていることに気付きにくいことが多いです。そのため、周囲の人が必要に応じて経口補水液を飲ませることが重要です。

また、夏に外出する場合は、帽子をかぶったり日傘を使ったり、また、通気性の良い服を着たりするなどして、脱水にならないように工夫をすることが重要です。
さらに、こまめに電解質を含んだ水分を摂取することも心がけると、より熱中症予防につながりますよ。