【必見!】知らないと恐ろしい!熱中症の症状や対策を詳しく解説!

ライフスタイル・健康

日本の夏は、過去とは比べ物にならないくらい過酷な状況となっています。
特に最高気温は全国的にも高まっており、命を守るために意識を変える必要があると言われています。
今まで大丈夫だったから、これからもきっと大丈夫というのは通用しません。
時として命を奪うこともある熱中症について、症状と対策を詳しく見ていきましょう。

熱中症が発生しやすい気候条件とは

熱中症は気温が低ければならないというわけではありませんが、より重症化しやすい気候条件というものはあります。
最高気温が35度以上となる猛暑日や夜間の最低気温が25度以上となる熱帯夜が続いていると、だいたい3日目あたりから熱中症にかかる人が急激に増え始めると言われています。
気象庁が発表している最高気温ではそこまで高い温度に達していない場合でも、アスファルトやコンクリートで覆われた街中や、緑の少ない住宅密集地では、気温も高くなりやすいので十分に気を付ける必要があるのです。

熱中症の具体的な症状と改善方法

熱中症といっても、軽度から重度まであってその症状は様々です。
代表的な初期症状としてはめまいや立ち眩みがあります。
炎天下や暑い室内にいることで体内に熱がこもってしまい、脳へ送られる血流が減少してしまうことが原因とされています。
また脳自体の温度が上昇することで引き起こされることもあるのです。

意識がはっきりとしている場合は、まずは涼しい場所で横になりましょう。
この時、足を10cm程度高くして横になると、脳への血流が良くなります。
体温が上がっていることが多いので、太い静脈が通っている首筋やワキの下などに保冷剤を入れて冷やすと効果的です。

水分補給も大切ですが、水と一緒に塩分も摂取するようにします。
ただし気分が悪くて水分補給が上手く出来ない場合は、まずは身体を冷やして症状がおさまるのを待ちます。
初期症状の場合は、しばらく様子を見ると症状が改善されることが多いです。改善されない場合は、医療機関を受診するようにします。

熱中症の症状として、頭痛もよく言われることです。
頭痛というと市販の鎮痛剤を服用すれば治ると考える人もいますが、実は熱中症による頭痛は薬で治すことは出来ないのです。
熱中症で頭痛が起きている場合、脳は脱水症状を起こしています。このときに鎮痛剤を服用してしまうと、低血圧や痙攣を引き起こすことにつながる可能性があり危険です。
一般的な頭痛は脈打つような痛みなのに対し、熱中症の頭痛は脳を締め付けられる痛みであることが特徴です。
頭痛の種類にも注意して対策を取るようにします。

では熱中症による頭痛が起きたときは、どうすればいいのでしょうか。

まずは不足している水分と塩分の補給です。スポーツ飲料や経口補水液を摂取するのがおすすめです。
しかし頭痛といった症状が出ているということは、熱中症の中度以上である可能性があります。水分・塩分補給と同時に、速やかに体温を下げる必要があります。
めまいのときと同様、首筋やワキの下などを重点的に冷やしましょう。

子どもや高齢者は要注意

野外で働く人やスポーツをする人は、特に熱中症に気を付ける必要がありますが、それ以外にも注意すべき人がいます。
まずは子どもです。

子どもは大人と比べると新陳代謝が活発で汗をよくかきます。そのうえ、身体が未発達で十分な筋肉量がないために、体の中に水分をため込みにくいのです。
大人と比べて脱水症状を起こしやすいので、こまめに水分を補給することが大切です。
背の高さも重要なポイントとなります。
気温は地面に近いほど高くなります。
背の低い子どもやベビーカーに乗った赤ちゃんは、大人よりも高い気温に晒されているということを忘れてはいけません。
赤ちゃんや子どもは、体調の変化を上手く伝えることが出来ません。まわりにいる大人がいつもより気を遣い、声をかけてあげるようにするといいでしょう。

高齢者も熱中症になりやすいと言われています。
年齢とともに体温の調節機能が落ちてくるために、暑さを自覚しにくくなっているからです。
それにより熱中症への対策が遅れがちになり、重症化しやすい傾向があるのです。
体内の水分量も少なくなっているので脱水症状を起こしやすいのですが、それに気づきにくいのも特徴です。
のどが渇いたから水分をとるのではなく、時計などを見て定期的に水分補給するようにしましょう。

就寝中も熱中症になりやすいとされています。
高齢者は夜中のトイレを気にして、就寝前の水分を避ける人がいます。
寝ている間も汗はかきますが、寝ているために脱水症状に気づかないということも多いのです。
寝る前にコップ1杯の水分補給、また、枕元に水分を置いて夜中にいつでも飲めるようにしておくのもいいですよ。

熱中症の症状や対策を知って暑い夏を乗り切ろう

熱中症は時には命を奪うほど危険なものです。
重度の熱中症になる前に対策をしておくことが大切です。

めまいや頭痛といった症状が起きているときは、水分と塩分を補給して、首筋やワキの下を冷やすと効果的です。
子どもや高齢者は特に脱水症状を起こしやすいと言われています。
こまめに水分と塩分を補給することも大切ですが、まわりが気を遣って声をかけてあげるといいでしょう。