【東京五輪に参加しよう!】2020東京オリンピックボランティアの募集要項・年齢・仕事内容について

エンタメ

2020年に開催される、東京オリンピック。
「せっかく日本で開催されるのだから、ボランティアとして携わりたい」と考えている人もいるでしょう。
ここではそんな人のために、東京オリンピックのボランティアの活動内容や募集要項、応募方法について紹介します。
東京オリンピックのボランティアと一括りに言っても、応募先はひとつではありません。
東京2020組織委員会と東京都がそれぞれ募集し、それぞれ仕事内容も異なっているので、応募する前にしっかり確認しましょう。

東京オリンピックボランティアの仕事内容について

まず、東京2020組織委員会が募集するのが「大会ボランティア」です。
大会ボランティアは、大会期間中や期間前後に大会運営に直接携わった活動をします。
競技会場や選手村などで、観客へのサービスを行ったり、運営のサポートを行ったりするのです。

活動分野は9つあり、応募する際に希望分野を最大3つまで選ぶことができます。
分野にはたとえば、案内や競技、移動サポートなどがあります。
案内は、会場で観客への案内をしたり、空港や宿泊先で大会関係者への案内をしたりするのが役割です。
競技は、競技会場内などで競技運営のサポートや備品の管理を行います。
移動サポートは、大会関係者の移動をサポートするという役割です。
ちなみに、「どんな分野でも良いのでとにかくボランティアをしてみたい!」という人は、指定なしという選択もできますよ。

大会ボランティアでは、活動内容によっては少なくなることもあるかもしれませんが、10日以上の活動が基本です。
休憩や待機時間なども含み1日8時間ほどの活動で、連続して活動できるのが5日までとなっています。
また、パラリンピックのボランティアもする人の場合は、それぞれ10日以上で合計20日以上の活動が基本となります。

そして、東京都が募集するのが「都市ボランティア」です。
都市ボランティアでは、選手や大会関係者、観光客をおもてなしする活動を行います。
駅や空港、観光地などで観光案内や交通案内をするのが主な活動です。
希望通りになるとは限りませんが、希望する役割を選ぶことができます。
都市ボランティアは、オリンピックとパラリンピックの期間で合計5日以上の活動です。また、1日当たりの活動時間は5時間程度となっています。

ボランティア募集要項

大会ボランティアでは、8万人のボランティアを募集しています。
2002年4月1日以前に生まれており、活動期間中に日本国籍か日本に滞在する資格を持っていれば、誰でも応募可能です。
オリンピックを盛り上げていきたいという熱意を持った人や、チームとして一丸となって活動したいという人が求められています。
オリンピックについての知識がある人や、ボランティア経験のある人も良いでしょう。
また、英語やその他言語のスキルを活かしたい人にもぴったりだといえます。
しかし、語学力を必要としない活動内容もあるので、英語ができないという人も心配ありません。

一方、都市ボランティアでは、3万人程度のボランティアを募集しています。
こちらも、2002年4月1日以前に生まれており、活動期間中に日本国籍か日本に居住する資格を持っていれば応募できます。
また、日本語による簡単な会話ができることも条件です。
大会ボランティアと同じで、熱意を持った人やボランティア経験がある人、英語やその他言語のスキルを活かしたい人を求めています。
観光案内などをするため、東京の観光に関する知識や、防災や防犯に関する知識があるという人にも、うってつけでしょう。

東京都では、子供でもボランティアに参加ができるように検討されているようです。
都内の小学生や、被災地を含む中学生や高校生の参加もできるようになるかもしれません。

また、交通費や宿泊費について気になるという人も多いでしょう。
自宅から滞在先までの交通費や宿泊費はすべて自己負担となっています。
しかし、滞在先から活動場所までの交通費については一律支給されるようですよ。

東京オリンピックのボランティアへの応募方法

大会ボランティアは2018年9月中旬~12月上旬に応募可能です。
東京2020公式ウェブサイト」の大会ボランティア特設サイトから応募することができます。
大会ボランティアは、個人単位での応募のみとなっています。

都市ボランティアにも、2018年9月中旬~12月上旬の間に応募できます。
都市ボランティアはウェブやFAX、郵送で応募可能です。
ウェブで応募する際は、「東京ボランティアナビ」のサイト内にある応募ページからの応募となります。
FAXや郵送の場合は、申込用紙に必要事項を記入したのち、都市ボランティア募集事務局までFAXまたは郵送で送ります。
こちらは、個人単位でもグループ単位でも応募が可能です。ただし、グループで応募する場合は、1グループ4名までとなっています。

応募したあとはどちらのボランティアの場合でも、オリンピック開催までの2年の間に、説明会や研修に参加しなければなりません。
そして、活動内容や役割が決まったら、ボランティアとしての登録が行われます。
活動日さえかぶらなければ、大会ボランティアと都市ボランティアの両方で活動することも可能ですよ。

住んでいる国でオリンピックが開催されるなんて、なかなかないことです。
東京オリンピックのボランティアについて興味がある人は、応募してみてはいかがでしょうか。

ボランティア活動で支給されるもの

・ユニフォーム一式
・活動中の飲食
・ボランティア活動向けの保険
・活動期間中における滞在先から活動場所までの交通費相当として一定程度

ボランティア活動の主なスケジュール

2018年9月中旬~12月上旬 応募登録
2019年2月~ 面談・説明会等
2019年10月~2020年2月頃 共通研修
2020年4月~ 役割別研修・リーダーシップ研修
2020年6月~ 会場別・配置場所別研修