おせち料理の意味と由来は?具材の種類それぞれの意味も解説

グルメ・旅行

お正月は一年の始まりです。
昔は一年の始まりである初日の出とともに年神様がやってくると考えられていました。その年神様にお供えする料理がおせち料理の前身です。

3月3日の桃の節句や5月5日の端午の節句にも料理を準備していましたが、正月が一年で一番大きくめでたい節句のため、おせち料理と呼ばれるようになったのです。

日本は神様とともに生きた歴史があり、食べ物を神様と一緒に食べるという文化があります。
そのため、おせちを食べる箸は両方が細くなっており、一方が年神様、もう一方が人間が食べる方というようになっています。

おせち料理の具材の意味と由来

おせち料理には様々な種類の具材が入っていますが、それぞれ意味や由来があります。

まず、おせちの代表的な具材である祝い肴三種には黒豆、数の子、田作りがあります。
黒豆には、健康で良く働くという意味があり、真面目に働くマメと健康という意味のマメに由来します。
更に、黒豆の黒色は邪気除けの意味もあります。

数の子はにしんの卵ですが、一度にたくさんの卵を産むことから子孫繁栄、子宝の願いが込められています。
また、にしんには二人の親という意味の二親という意味もあり、一組の夫婦からたくさんの子供が産まれることを示唆しています。

田作りは地域によってはごまめと呼ばれることもあります。片口イワシの稚魚を甘辛く似た料理ですが、豊作祈願の意味があります。
片口イワシが古来田植えの肥料となっていたことに由来するとされています。

祝い肴三種以外の物として、かまぼこ、昆布巻き、海老、伊達巻き、栗きんとんなどが挙げられます。
かまぼこは初日の出のような形状から、めでたいものとしておせち料理に入っていることが多いです。紅白のかまぼこには赤が魔除け、白が清めるという意味があります。

昆布巻きにはよろこびを結ぶという語呂あわせから幸福祈願の意味があり、海老には長寿の祈りが込められています。長いひげや曲がった体が高齢者をイメージさせることに由来しています。

伊達巻きは巻物を表すため、子供などに食べさせて教養を身につけるという意味があります。

栗きんとんは、黄金色の見た目から金運上昇の願いが込められています。

家庭や地域、時代とともに変化するおせち

これらの他にも、家庭や地域によって約20種類のおせち料理の具材があります。
そのほとんどが和食ですが、洋食が定番化している現代では和食以外のおせちも増えています。
例えば、いくらは数の子と同様に子孫繁栄の象徴として入れられることがあります。
また、ローストビーフも保存が効くことからおせち料理の具材として定番化しています。

今年のおせち料理は決まりましたか?
このような意味や由来を知った上で選ぶと、より一層おせちを楽しめるのではないかと思います。