恐っ!こんなにあった!暑い夏にひんやりする京都の心霊スポット6選

エンタメ

この夏休みに京都へ観光旅行に行く方も多いと思います。
京都は世界的にも大人気の観光地で、海外からの観光客も多いですね!京都を歩いていると、実にいろんな国の外国人を見かけます。
京都といえば有名な神社仏閣も多く、それらを周るのが定番の観光コース。しかし、もう何度も京都に行ったことがある方だと、定番の観光地巡りには飽きてくるのでは?
いつもと違う京都を見たい!という方には、夏にヒヤッとする心霊スポット巡り!
実は京都にも、有名だけど意外と知られていない心霊スポットがあるんです!
話を聞くだけでも思わずゾッと寒気がするような心霊スポットをまとめてみました!
信じるか信じないか、行くかどうかは、あなた次第。この夏、いつもと違う京都を感じたい方にどうぞ。

女性のすすり泣く声が!亀岡のモーテルサンリバー

京都の亀岡に、心霊スポットとして有名なモーテルがあります。モーテルサンリバーと呼ばれ、現在はもう営業はしておらず廃墟となっています。
このスポットには夜になると女性のすすり泣く声が響き、また管理人室のドアから女性の幽霊が顔を出すそうですよ。

ここは昔、管理人室で女性が殺された事件があった場所です。そのときの怨霊が今現在でも現れる心霊スポットなのです。
鉄線が張られて中に入れないようになっていますが、外から周囲を見るだけでも気味の悪い雰囲気が漂っています。女性の霊がモーテルの周りを歩いているかもしれませんね。
近づくだけで恐ろしい霊の気配を感じる場所と言えそうです。

大勢の罪人が処刑された粟田口刑場跡

京都の心霊スポットとして、山科市の粟田口刑場跡も有名です。
ここは平安時代から江戸時代にかけて、なんと15000近くの人が処刑された場所なのです。明智光秀も、この粟田口刑場で首を跳ねられたそうです。

大勢の人が苦しみ死んでいったこの場所では、首のない幽霊が夜間になると集まってみんなで談義を行うと言われています。
また15基の石碑が建てられていますが、石碑に近づくと幽霊の囁き声が聞こえるなどの怪奇現象も見られます。
ここは過去には道路の拡幅工事が行われていますが、そのときも石碑の前でしっかりお祓いが行われています。
肝試しに訪れる人もいますが、霊の多い場所なので気を付けなければいけません。

恋人と渡ると別れるという云われのある野宮踏切

全国の踏切も、心霊スポットとして知られている場所が点在します。
京都の野宮踏切もそのひとつで、ここはカップルと歩く際には注意が必要です。
失恋したことを苦にこの踏切で飛び込み自殺をした女子高生がいるそうです。その女性の霊により、野宮踏切をカップルで渡ると別れてしまうというのです。また気分が悪くなる女性も見られます。

野宮踏切は京都の嵯峨嵐山の竹林の中にあるので、観光で訪れることも多いと言えます。恋人と京都デートをするときには、野宮踏切を渡るのは控えたほうが良いかもしれませんね。
踏切のそばに野宮神社という縁結びの神社がありますが、縁結びのお参りに来た際もこの踏切には気を付けましょう。

そのほかにも、この踏切を自転車で渡るとまるで誰かが乗っているように荷台が重くなるそうです。
1人で渡る時も、怪奇現象が起きる可能性がある場所なのです。

京都舞鶴の不気味な心霊スポットロシア病院

京都の舞鶴に、ロシア病院という旧海軍第三火薬しょう跡があります。青葉山の麓にある青葉山ろくの公園の端に位置します。
ここは病院ではないのですが、周りからはそのように呼ばれ、山の中に今も尚佇んでいます。

爆薬や兵器などがここで作られていたそうですが、その不気味な雰囲気から肝試しに訪れる若者もいるようです。
看板などはありませんが、入っていくと藪の中にひっそりとしたコンクリート遺構がまず見えてきます。ここが、砲弾などを作っていた施設です。
万が一爆薬が爆発したときにできるだけ衝撃を逃がすようにと、建物は木造でできた部分が目立ちます。
木の柱は腐り倒れ、不気味な雰囲気を醸し出しておりいかにも心霊スポットという感じです。

周りにはコンクリートの建物もたくさん見られ、進駐軍に接収された際の表示番号が書かれている建物もあります。
雨水で水没しかけている崩壊しかけの建物も見られます。
肝試しには、十分気を付けて行きたいものです。

観音様の絵が目印。怪奇体験も多い厨子奥トンネル

京都の厨子奥トンネルは、トンネルの手前に観音様の絵が描かれていることで知られていますが、実は心霊スポットでもあります。
観音様の絵に落書きなどのいたずらをすると、頭痛や吐き気のほか重大な病気になるなどの祟りがあるそうです。精神病にかかってしまう人も見られます。

このトンネルの手前にはたくさんのお墓もあり、いわくつきの場所と言えるでしょう。
トンネルなので車で通ることもありますが、このトンネルは霊の通り道と言われています。
興味本位で観音様の絵に触れるなどはせず、静かに早々とトンネルを抜けるのが無難でしょう。

青信号には注意!京都で最恐とされる右京区の清滝トンネル

京都で最恐とも言われる心霊スポットが、右京区にある清滝トンネルです。
古くはこの場所は古戦場で、多くの人が命を落としています。さらにここで首つり自殺をした女性もいます。

清滝トンネルは、青信号だった場合には「霊からの誘いの印であり通ってはいけない」そうです。
もし通った場合には、車のボンネットの上に女性の霊が落ちてくるとされています。それが事故にもつながりかねません。
青信号の場合は一旦停まり、もう一度青になってから通ることで霊に遭わずに済むそうです。これは知っておかなければ恐ろしいですよね。

また注意しなければいけないのが、トンネル近くの不自然なミラーです。
このミラーには、自分の最期の姿が映るとされています。
ミラーを見たときに何も映っていない場合は、近い将来命を落とす出来事があるそうです。

遊び半分で清滝トンネルに近づいて、青信号で通るのは非常に危険と言えます。
京都で最恐とも言われるトンネルは、肝試しに行くのも控えましょう。