【大人なら知っておきたい】暑中見舞いの意味、送る時期、マナー、例文など

ライフスタイル・健康

暑中見舞いのはがきは日本に伝わる相手を思いやる美しい習慣です。
しかし、実際に出そうと思うと分からない事が多いものなので、はがきを出す時期や実際に使える例文、暑中見舞い、残暑見舞いの意味やマナーを知り、正しくはがきを出しましょう。
必要以上に難しく考える事は無いので、親しい方に暑中見舞いを出してみませんか。

暑中見舞いを送る時期と意味

暑中見舞いや残暑見舞いを送りたいけれども、はがきを送る時期が分からないとお悩みの方が多いのではないでしょうか。

暑中見舞いは七夕の7月7日から8月6日までが基本ですが、梅雨明けをしたらはがきを出しても良いでしょう。
残暑見舞いは8月6日から9月6日までとなっています。

この時期を見るとどちらもはがきを出す時期が1カ月しか無いことが分かります。
8月の半ばといえばまだまだ暑く夏真っ盛りと言うイメージですが、暦の上ではもう残暑という事になっているので、注意が必要となります。

最近でははがきや手紙を出す機会がとても少なくなりましたが、そもそも暑中見舞い、残暑見舞いとは暑さの厳しい中、親しい人の体調や健康を伺う意味でされてきました。
しかし最近では社交辞令として形式的に行われるものが多くなってきているのも事実です。

暑中見舞いは大正時代から始まっていて、現在ではお中元を頂いた際のお礼状としての役割も兼ねています。
暑中見舞いと残暑見舞いは意味合いは大体同じですが、上記に述べた様に送る時期には注意したいものです。

暑中見舞いの例文

実際に暑中見舞いや残暑見舞いのはがきを出そうとしても中々文章を考えるのが難しいものです。
しっかりとポイントを押えないと暑中見舞いではなくただの手紙になってしまうので、相手から見てこれは暑中見舞い、残暑見舞いだなと分かる事も重要です。

例文を挙げると
「暑中お見舞い申し上げます。今年もたいへん厳しい暑さが続いておりますが、皆様はお元気でしょうか。私達は皆元気でおりますので、ご安心してください。お体に響く暑さですので、どうぞ健康に気を付けてお過ごしください」

この様に、暑中お見舞いの挨拶と相手を思いやる言葉、自分の近況報告と最後の挨拶が一般的な暑中見舞いの文章です。
これに「夏休みになったらまたお会いしましょう」など親しい方には共通の趣味や楽しみを共有しても良いでしょう。

逆に暑中見舞いのはがきを頂いたときの例文もご用意しました。
「暑中見舞い申し上げます。連日の暑さで体調を崩してはいないでしょうか。ご丁寧に暑中見舞いをいただきましてありがとうございます。まだ暑さは続きますので、どうぞご自愛をなさってください。」

はがきの返事を出す場合は先に暑中見舞いを頂いた事へのお礼を忘れないようにしましょう。

残暑見舞いも同じ事なので、例文を元に親しい方やお世話になった方への一言メッセージを添えると文章が思いつきやすいです。
また、お中元のお礼を言いたい場合は「たいそうな品を頂戴して誠にありがとうございます」とお礼も添えましょう。
はがきの最後には平成○○年8月と日付を記載するのも忘れずに行います。

暑中見舞いのマナーとは

せっかく暑中見舞いや残暑見舞いを出してもマナー違反になっていてはいけません。はがきを出す際にはいくつかのマナーがありますので、注意したいものです。

よく喪中の方にはがきを出しても大丈夫なのかという声を聞きますが、年賀状ではないので基本的には喪中の方に出しても大丈夫ですが、不幸があって間もない場合(四十九日内)などは出さない方が良いでしょう。
また、暑中見舞いと残暑見舞いを2枚同じ相手に送らなくても良く、送るのならばどちらか1枚だけにするのがマナーです。

結婚や引っ越しの報告など、自分自身の近況報告も一緒にしたい場合はもちろん書き記しても大丈夫ですが、はがきの内容がその事ばかりにならない様に、相手を伺う言葉を添えるのも忘れないようにしなければなりません。
自分の事だけしか書いていないと、せっかくの暑中見舞いなのにただの自慢かな、という印象を与えてしまう恐れがあるので、あくまでも相手の体調を思いやる気持ちが大事です。

こちらがはがきを出してなくて暑中見舞いを受け取ったら原則として返事を出すのもマナーです。
もしも暑中見舞いを受け取って返す時期が残暑見舞いになっていたら、その時期に相応しいもので返しましょう。
あまりにも時間が経ってから返事を出すのではなく、受け取ったらできるだけ早急にはがきを出した方が良いですし、メールや電話で済ますのではなく、ハガキにはハガキで返すのもマナーの一つなので、普段は手紙を書かない方も出してみましょう。

例文、時期、意味が分かったら暑中見舞いのはがきを出そう

もう長く連絡を取っていない人が居る、そんな時は是非暑中見舞いのはがきを出してみましょう。
時期に注意をしていれば例文通りでなくても、相手はきっと嬉しいはずです。

本来の暑中見舞い、残暑見舞いの意味は相手を思う事なので、あなたの気持ちをそのままはがきに書き記してみましょう。
手書きの文字にはその方の温かさや人柄がにじみ出るものなので、きっと良い人間関係が築けるでしょう。