2020年東京オリンピックの日程・競技場所・スケジュールは?

エンタメ

2020年に開催される東京オリンピック。日本が会場になることで、国内は大いに沸いています。
せっかく地元が会場になるのだから、観戦チケットを手に入れて生で見たいという方も多いのではないでしょうか。
気になる日程やスケジュールを把握して、オリンピックを思いっきり楽しみましょう。
2020年東京オリンピックの競技日程・競技場所・スケジュール、また聖火リレーの日程とルートもまとめてご紹介します。

東京オリンピックの競技日程と開催場所

東京オリンピックの開会式は、2020年(平成32年)7月24日の予定で、開催期間は7月24日~8月9日となっています。
開会式・閉会式ともに新国立競技場(オリンピックスタジアム)が会場です。
今回のオリンピックでは、全28種目が競われることになります。
開会式前の22日から、全国各地でサッカーの予選が先駆けて行われます。
以下は各競技種目の日程(開始日付の早い順)と競技場所です。

日程

(7月22日開始)
・サッカー:7月22日~8月8日(国立競技場ほか)

(7月25日開始)
・アーチェリー:7月25日~8月1日(夢の島公園)
・ウエイトリフティング:7月25日~8月4日(東京国際フォーラム)
・自転車(ロードレース):7月25日~7月29日(皇居・武蔵の森)
・体操(体操):7月25日~8月8日(有明体操競技場)
・テニス:7月25日~8月2日(有明テニスの森)
・馬術(総合馬術):7月25日~7月28日(夢の島競技場・海の森クロスカントリーコース)
・射撃(クレー):7月25日~8月1日(陸上自衛隊 朝霞訓練場)
・射撃(ライフル):7月25日~8月2日(陸上自衛隊 朝霞訓練場)
・柔道:7月25日~7月31日(日本武道館)
・水泳(競泳):7月25日~8月1日(オリンピック アクアティックセンター)
・バスケットボール:7月25日~8月9日(夢の島ユースプラザ)
・バトミントン:7月25日~8月2日(夢の島ユースプラザ)
・バレーボール:7月25日~8月9日(有明アリーナ)
・ハンドボール:7月25日~8月9日(国立代々木競技場)
・ビーチバレー:7月25日~8月6日(潮風公園)
・フェンシング:7月25日~8月2日(東京ビッグサイト)
・ボート:7月25日~8月1日(海の森水上競技場)
・ボクシング:7月25日~8月9日(両国国技館)

(7月26日開始)
・カヌー(スラローム):7月26日~7月30日(葛西臨海公園)
・水泳(飛込):7月26日~8月8日(オリンピック アクアティックセンター)
・水泳(水球):7月26日~8月9日(ウォーターポロアリーナ)
・セーリング:7月26日~8月8日(若洲ORマリーナ)
・ホッケー:7月26日~8月8日(大井ホッケー競技場)
・レスリング:7月26日~8月4日(東京ビッグサイト)

(7月27日開始)
・ラグビー:7月27日~7月28日(国立競技場)

(7月29日開始)
・体操(トランポリン):7月29日~8月1日(有明体操競技場)
・卓球:7月29日~8月8日(東京体育館)

(7月30日開始)
・ゴルフ:7月30日~8月8日(霞ケ関カンツリー)
・自転車(トラック):7月30日~8月4日(有明ベロドローム)
・馬術(馬場馬術):7月30日~8月6日(夢の島競技場・海の森クロスカントリーコース)

(7月31日開始)
陸上(トラック):7月31日~8月8日(国立競技場ほか)

(8月1日開始)
・馬術(障害馬術):8月1日~8月5日(夢の島競技場・海の森クロスカントリーコース)
・陸上(競歩):8月1日~8月7日(国立競技場)

(8月2日開始)
・水泳(シンクロ):8月2日~8月7日(オリンピックアクアティックセンター)
・陸上(マラソン女子):8月2日(国立競技場)

(8月3日開始)
・カヌー(スプリント):8月3日~8月8日(海の森水上競技場)
・トライアスロン:8月3日~8月4日(お台場海浜公園)

(8月5日開始)
・自転車(BMX):8月5日~8月7日(有明BMXコース)
・水泳(マラソン10Km):8月5日~8月6日(お台場海浜公園)
・体操(新体操):8月5日~8月7日(有明体操競技場)
・テコンドー:8月5日~8月8日(東京ビッグサイト)

(8月7日開始)
・近代五種:8月7日~8月8日(東京スタジアムほか)

(8月8日開始)
・自転車(MTB):8月8日~8月9日(海の森MTBコース)

(8月9日開始)
・陸上(マラソン男子):8月9日(国立競技場)

開会式や閉会式・各競技のチケット価格は?

東京オリンピックのチケット販売は、2019年の春に予定されていますが、はっきりとした日付はまだ発表されていません。
リオオリンピックはちょうど1年前・ロンドンオリンピックは約半年前だったので、2019年に入ったらオリンピック情報から目が離せないことは確かです。

東京オリンピックの開会式の値段は、1万2000円〜最高30万円・閉会式の値段は、1万2000円〜最高22万円になっています。
各種目ごとの値段は、以下の通りです。

各競技のチケット価格

水泳(競泳):5800円~108000円
水泳(飛込):3500円~30500円
水泳(アーティスティックスイミング):4000円~45000円
水泳(水球):3000円~18000円
水泳(マラソンスイミング):3500円~5500円
アーチェリー:3000円~7000円
陸上(マラソン):2500円~6000円
バスケットボール:3000円~18000円
カヌー:3000円~10000円
自転車:3000円~14500円
馬術:3000円~16000円
フェンシング:3000円~11500円
サッカー:2500円~67500円
体操:4000円~16000円
近代五種:2500円~4000円
ボート:3000円~9500円
セーリング:3000円~4500円
射撃:2500円~4500円
テコンドー:3000円~9500円
トライアスロン:4000円~8000円

価格はまだ決まっていませんが、高いという印象ではないでしょうか。
ただ、開会式・閉会式を除けば、チケットの値段は過去の価格や競技の人気度などを参考に決定されるので、平均価格6000円~10000円くらいになるのではと予想されています。
チケットの購入方法は、東京オリンピック公式サイトで事前にID登録をしていないと買えないので気を付けましょう。

聖火リレーの日程とルート

聖火リレーの出発点は、復興オリンピックのメッセージも込めて、福島に決定されました。
日本全国を121日間かけて回り、最後に東京へ到着します。

大まかなルートは、福島から南に下って沖縄まで行き、一気に北海道まで北上して東北を抜け東京に向かいます。
3月27日に福島を出発し、4月14日~15日には大阪、5月2日に沖縄に到着予定です。
北海道には6月14日~15日、7月の前半に茨城・埼玉を通って10日~11日に東京入りします。
TOKYO2020で細かな日程が出されているので、自分の町に聖火がいつ来るのかを確認できますよ。